夢叶えプロジェクト

皆様の力を借りながら、利用者・入居者の人生最後の思いのために力を貸していただきたいと思います。

夢叶えプロジェクト

ふじケアの夢叶えプロジェクトとは・・・?
高齢の利用者・入居者が今までの人生の中で、やり残した事・あきらめていた望みや希望をくみ取り、その夢が実現できるよう、スタッフとご家族様が一緒になって、高齢者の笑顔と心の満足を追求するプロジェクトが夢叶えプロジェクトです。

夢叶えプロジェクトの発足経緯

私たち介護スタッフは、利用者・入居者から様々な思いや夢をお聞きすることがあります。
利用者・入居者の思いを聞くたびに、利用者・入居者の心身状況を考えたり、介護保険制度の枠に縛られ手も足も出せない等、スタッフは数多くのジレンマを感じていました。
介護保険制度の枠や事業所内外、会社に縛られる事無く、利用者・入居者の思いや夢をスタッフが叶える事ができるなら、こんな素晴らしい事はない!誰の為でもなく利用者・入居者のためのプロジェクトを是非作ろう!という熱いスタッフの想いが集結し、夢叶えプロジェクトが発足しました。

夢叶えプロジェクト基本的な考え方

「夢を叶えるお手伝いをさせていただく」

夢叶えプロジェクト1

『温泉に行きたい。』

Iさんは、昭和十二年六月十日、満州で生まれ、戦後日本に帰国。
食べる事が大好きで、芋・栗・カボチャが大好きなふっくらとした少年で、映画を観ること、音楽を聴くこと、絵を描く事が好きで、
映画看板師になりたいと看板師の元を訪ねたものの、
将来を見据えて公務員となりその後、
尚子さんと結婚し子供が二人出来、普通の家庭を築いていった。
続きを読む

夢叶えプロジェクト1

『喫茶店でケーキセットが食べたい』

Hさんは、昭和十一年五月に生まれる。活発な子供だった。
食べる事や旅行、登山が大好きで、会社の同僚や家族とあそこの何がおいしいと聞けば、行って食べ、あそこに行きたいと思えば、旅に出る事が多かった。
沖縄には三回も出掛けたほどだ。
中区の学校で保健室の先生として働き、十一歳年上の男性と恋に落ち結婚した。
続きを読む

夢叶えプロジェクト1

『居酒屋に行ってお酒が飲みたい』

Kさんは幼少期瀬野川で育ち、
母親を早くに亡くし厳格な父の元で育つ。
学生時代は、授業を抜け出し流行の映画を見に行ったり、
隠れてタバコを吸ったりと悪さもみられる。
戦争中は飛行機が墜落、30・40代ではバイク事故を起こすなど、数奇の運命を辿る。
続きを読む

夢叶えプロジェクト2

『もう一度 パンを作りたい』

W様は、大正十年二月二日 広島県広島市竹屋町に生まれ、十六歳の時、大阪へ。
大阪で一・二番を争う神戸屋というパン屋さんに勤め、パンとケーキを作る四年間の日々。
とにかくパンが好きで毎日食べていた
続きを読む

夢叶えプロジェクト1

『囲碁・将棋親睦会』

Sさんは、大正十一年一月に双三郡で生まれる。
幼少は、わんぱくで歴史小説が好きな、読書家であった。
青年時代は大阪で過ごし、社会科の教員を務める。
昭和十八年 大東亜戦争で召集され中支に派遣される。
戦争中に、戦友の死に遭遇した事を、今までの人生で一番辛かったと言う。
続きを読む

夢叶えプロジェクト1

『囲碁・将棋親睦会』

Iさんは、右半身麻痺の為独歩は出来ず、伝い歩き・手引き歩行、または車イスでの移動をされてます。
昭和十二年十一月二十日、下関で男ばかりの三人兄弟の長男に生まれました。
お父さんは国鉄で技術者として働いていましたが、
お父さんが忙しい合間をぬって将棋を教えてくれる時間がとても嬉しく、
いつしかIさんは将棋が大好きな少年になっていました。
続きを読む